SSブログ
2022年04月23日| 2022年05月12日 |- ブログトップ

知事との直接面談を申し入れました

3月30日の記者会見で予告しましたように、5月9日、「脱原発佐賀ネットワーク」は、佐賀県に知事との直接面談を申し入れました。当日は佐賀新聞と西日本新聞の取材がありました。(→佐賀新聞の報道

以下に、提出した要請文を公表します。
---------------

2022年5月9日
佐賀県知事 山口祥義様

    脱原発佐賀ネットワーク
     玄海原発対策住民会議
     さよなら原発!佐賀連絡会
     玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
     さようなら原発1000万人アクション
     佐賀県原発問題対策協議会
     原発を考える鳥栖の会
     原発なくそう!九州玄海訴訟原告団・弁護団
     玄海原発反対!からつ事務所
     玄海原発の廃炉問題を考える会
     原発と放射能を考える唐津の会

     代 表 豊島耕一・野中宏樹
     連絡先 豊島耕一 携帯電話(省略)
     電子メール(省略)

乾式貯蔵施設と原子力避難訓練に関して
知事との意見交換の場を求める(要請)

 知事におかれましては、コロナ対策をはじめ県政運営にご多忙なことと拝察申し上げます。
 さて、本年2月14日の当脱原発佐賀ネットワーク(以下、当会)は、乾式貯蔵施設に関して知事との意見交換の場を持ちたいと申し入れをしました。しかし知事は、理由が曖昧なまま面談を断り、3月18日付けで文書にて回答されました。しかもその6日後の同月24日には九電への事前了解を発表しました。
 去る2021年3月11日には短時間ではありましたが当会が知事と面談する機会を得たとき、「時々皆さんのお話を直接聞くことも大事です」と発言されました。しかるに、今般の面会拒否から事前了解発表に至る対応は、「県民の声を聞き置く」だけで真摯に県民と対話する姿勢は見られず、また県民への説明責任も果たされていません。
 つきましては、知事の「開かれた県政」の一端を実現するためにも、以下の2項目に関して面談と意見交換の機会を設定していただきますよう、再度お願いします。面談の日程や時間につきましては、当会は柔軟に対応いたします。


意見交換を希望する事項
1.乾式貯蔵施設に関して
2.原子力防災訓練に関して

続きを読む


コメント(0) 
2022年04月23日| 2022年05月12日 |- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。